賃貸マンションのビル管理会社の仕事ぶりは

賃貸マンションのビル管理会社とはどのような仕事をしているのでしょうか。賃貸マンションの場合、貸主である大家さんがいますので、大家さんの委託を受けて、ビルの管理会社が全般的な管理を行うという事になります。主に、空室の募集や、入居者の要望にこたえたり、家賃が遅れている人に家賃の催促やビルメンテナンスの提案等多岐にわたります。特に設備の故障があったりした時は大変です。大家さんとの金額交渉や入居者の生活に支障をきたす訳ですから、早く修理しないといけませんし、かなり苦労しているようです。入居者間のいざこざも解決しないといけない問題ですのでこれもお互いの意見を尊重しつつ解決しないといけませんから非常に厄介です。部屋の空室が決まらないと、大家さんの生活も因る事になりますので、早く空き部屋も決めないといけませんし、大変な仕事が多いようですが、非常に円滑なマンションは大家さん、入居者さんとのコミュニケーションも円滑でやりがいを感じられます。

ビル管理会社に関しての、実態のあり方

いくらビル管理会社といっても、そのカタチといったものは、実に様々な運営のあり方があるのが現状です。そして、大抵の場合、地方などでは建設会社や不動産業者などがその業務を請け負うといったカタチが一般的であるといえます。やはりこちらの地方僻地部においては、建築基準法上の第2種建築物以上の高さである高層建築物などがあまりないといった事情などもあり、専門業者なども自分達で管理するよりかは地元の不動産業者へ任せたほうが、コスト的にもメリットがあるものと考えているようです。ただし、東京都内や横浜市内、大阪市内などのような巨大都市圏域あたりになると、高層建築物である物件があるのが通常である傾向がありますので、やはり、専門の管理会社がどうしても管理をしていかなくてはならないといった事情があるようです。このように、地方僻地と大都会部とのビル管理会社のあり方についての違いというものがあります。

地域による、ビル管理会社のあり方の違い

このビル管理会社のあり方というものについてですが、やはりこれは東京都心部や横浜市、大阪市その他幾つかの大都会の場合と、それら以外の人口が少ない中小都市などの場合とは、ビル管理会社の規模や形態などが異なる感があります。大都会などの場合には、やはり超高層ビルや東京タワー、スカイツリーなどのような通常の建物などよりもはるかに高い建物が数多く建設をされたりしていますので、どうしても組織規模や建築面での専門性などがある程度必要になるといった事情があります。このため、それらの類の高層建築物の専門事業者が管理運営をしていくのが通常です。これに対して、高層建築物が少ない地方や中小都市などの場合においては、地元のあまり専門性や高度な技術などを必要としない一般の不動産業者や建設業者などが、物件の管理をしているのが普通である傾向があります。