様々なビル管理会社のあり方について

現在のところ、ビル管理会社に関しては、大きく分けて確かに幾つかの形態のものが存在しています。以下にこれらについて挙げてみると、建てたあるいは整地をした建設会社が管理者としてするもの、専門の業者が建造者もしくは所有者などから依頼を受けて管理を行うもの、以上の二つに分けられます。前者の場合、直接その物件を扱った建設会社が管理会社としてのその物件に関しての管理業務を行うといったカタチとなりますが、やはり販売と商品である物件の維持管理との両方をやらなくてはなりませんので、このためある程度のコストが掛かるといった覚悟が必要になってくる場合があります。これに対し後者の場合、販売などをはじめとするマーケティングに関しては所有者自身が行い、維持管理に関しては管理会社である専門業者が依頼を受けたりして行うといったカタチですので、事業分散などを行う事により所有者の負担が少なくなるので、そうしたコスト面でのメリットがあります。

ビル管理会社の選び方とは

ビル管理会社とは、色々なことをしています。施設の警備なども警備会社としてやっていることもあります。ビルの管理会社の選び方としては、なんといっても、まずは金額です。管理をするための費用がどの程度かかるのか、と言うのが重要になります。安いほうが良いに決まっていますが、少しでも良いサービスが提供されていることがポイントでもあります。そこが難しい判断です。ビルと言うのは意外と総合的な技術が必要になります。電気、ガス、水道などの設備があるからです。これがかなり高いスキルが求められます。ビル管理といっても、とてもレベルが高いサービスであるわけです。ですから、上手く良い業者を見つけることです。これまでの実績などを見て、実際にやっている数が多いところにしたほうがよいです。ノウハウが多いことは間違いないことであるからです。

定年後の天下り、ビル管理会社

定年退職して、何か再就職をと考えている方は、ビル管理会社などはいかがでしょうか。70歳までは働けるみたいで、よくシルバー人材派遣の求人にも公募されている事が多いです。以前ゼネコン関係のお仕事をされている方であれば、ビル管理に必要な資格もいくつかすでに所有している事もあるでしょうから、60歳以上の再雇用には有利になるかも知れません。会社自体は、大手企業などの子会社や関連会社として経営されているいパターンが多いです。ゼネコンなどの天下り先などにも利用されている事もあり、平均年齢なども比較的高めかも知れませんが、逆に似たような年齢の方が多いと言う事は、和気あいあいやり易い職場の雰囲気かも知れません。ここからマンションなどの管理人として現地へ派遣されたりもする様です。持っている資格を最大限に活かせる仕事でしょう。