ビル管理会社は多くの建物の管理をしています

ビル管理会社では、マンション、商業施設、企業の建物など多くの場所で建物の管理を行っています。全ての管理はもちろんですが、清掃などの仕事や警備などの仕事も行っている会社が多くなって来ています。ビル管理会社では社員の他にも多くのパートやアルバイトの方を採用し、各場所ごとに決められた仕事を行っています。時間帯も交代制が多く、各時間ごとに仕事の内容なども変わってきますが、管理を聞かされている以上信用が第一ですので、仕事の内容の他にも信用性なども重視されています。他の方の建物を管理する訳ですので、信用性、信頼性、正確性などが揃っていないと管理を任せてもらう事が出来ません。従業員なども同じ条件ですので誰でも採用できる物ではありません。まじめで決められた仕事をしっかりとこなしてくれる方を採用しているようです。

ビル管理会社の役割について

ビル管理会社は、商業施設のメンテナンスを行うにあたり、様々な配慮をすることが必要となります。特に、最近では建物の老朽化が進んでいるケースが増えてきており、それぞれの会社が管理している物件の安全性をしっかりと確保することが課題となっています。ビル管理会社の業務内容については、建物の管理や点検だけではなく、防犯対策などに力を入れることが望ましいといえます。近頃は、セキュリティを重視している高層ビルが各地に立ち並ぶようになっており、様々な職業の人が利用をすることが特徴です。また、ビルのメンテナンスのタイミングについては、各物件の構造や材質のポイントをきちんと抑えておくことが大事です。将来的に、多方面の関係者の間で、ビル管理会社の取り組みが社会的に重視される機会がさらに増えてゆくことが見込まれています。

ビル管理会社が管理点検している4つの設備

ビル管理会社の設備管理、点検に関する業務としては次の4つがあります。1つ目は空調設備の管理です。ビル内の各オフィスの冷暖房のフィルターのクリーニングや換気状態のチェック、基本温度の設定などを行います。2つ目はエレベーターやエスカレーターなどの機械設備の管理です。具体的な自動ドアなどの定期点検や保守、修繕などをメーカーに依頼します。3つ目は電力設備の管理です。定期的に電圧、電流、電力の各計量設備をチェックし、変電装置などの電気設備の操作なども行います。また、各設備への電力配分などを行う場合もあります。4つ目はボイラー設備の管理です。ビル内にある大型のボイラーは、ビル全体の空調設備やポンプ設備を作動させるための動力を生み出している重要な機械です。このボイラーの正常な運転を管理、監視する業務です。これらの設備の管理、点検をビル管理会社が行っています。

ビル管理の老舗として、あらゆるビル管理を通じお客様が笑顔で過ごせる空間を提供することこそ我々の使命、他社との違いをどうか直接ご確認下さい。 当社の特徴といたしましては、まず、安価であることです。 洗浄の際は、エアコンを傷めないエコ洗剤をしっかり使用し、高圧洗浄機で丁寧に洗浄いたします。アルミフィンの汚れだけを削ぎ取ります。 ビル管理会社として長年の実績があります